『カイロプラクティックさかい』は、滋賀県守山市(栗東駅東口より徒歩約7分)にあるJSC指定院です。

JSC指定院カイロプラクティックさかい

TOP > 治療の流れ > 当院の目指す全体根本療法とは!

当院の目指す全体根本療法とは!

〜毎回どのような検査をしているのか?〜

当院の治療の検査は、初めに患者さん、もしくはアシスタントの手を通しても出来るのですが、内臓のチェックポイントの検査をさせていただきます。 これは、TL(セラピーローカルゼーション)と呼ばれ、通常、患者さんの一番小さくて疲れにくい筋肉である親指と小指でワッカをつくってもらい、反対の人差し指と中指の2本の指で、内臓のチェックポイントのところに手を置き、力が正常に入るかどうか判定していきます。

たとえば、肝臓のチェックポイントのところで力が弱まったとすると、肝臓の機能が低下していることを意味します。これは病気でなくても、健康診断の結果、数値が正常といわれていても、その時点で疲れていて機能が落ちていたとしたら、反応はでます。

体の中は、全身が神経系を介して、電気信号でつながっております。脳からの本人自身の命令で、「これ以上、刺激を加えないで!」という信号いわゆる何らかの状態で弱っていると筋力は弱くなり、われわれはこの信号をキャッチしているのです。

そして、これは何を意味するかといいますと、
■例えば、「右の膝に水がたまる」という症状で来院してきている場合など、じつは胆のうのチェックポイントのところで弱くなる反応が出た場合、関連する筋肉は、膝の裏の膝窩筋(しっかきん)ですので、この内臓の機能低下が本当の原因で、転んで痛めたのは、単なる引き金だといえるかもしれません。

■なんで胆のうが機能低下を起こすかというと、例えば最近、揚げ物、フライ、てんぷら、炒め物などの、脂っこいものが続いた場合などの原因が考えられます。そうすると、じっさいに、膝の治療をしながら、根本的な原因をつくっている食生活を見直してもらい、2〜3日あっさりした食生活に改善してもらうなどの努力もしていただいたほうが早くよい結果が出るといえます。
そのために、簡単な内臓のチェックを先にさせていただいております。
実際の治療は、TLの検査をした後に、必要に応じて、筋力検査を行う場合もありますが、問診と検査に基づいた情報をもとに進めています。

クラニアルテクニックの治療

【 実際の治療 】

  1. ① まず、上向きで後頭部の位置を整える治療を可動触診にて行います。
  2. ② リンパの流れを改善するために両方の鎖骨の位置を整えます。(リンパは最後に鎖骨下静脈に入っていきます)
  3. ③ リンパの流れをよくしていきながら、先ほどのTLで得られた情報をもとに機能低下を起こしていた内臓があれば、内臓の機能を回復させていく治療をじっさいに行っていきます。
  4. ④ もし、不妊治療やアトピーなどで来院されている場合は、当院では、副腎皮質ホルモンのバックアップを最大限上げていくことを心がけていきます。(身体の上にコーヒー3本とお砂糖1本を乗せて検査します。飲まなくても微量な粒子に触れることにより反応が起き簡単に検査できます。これは簡単ですが、割と重要な検査になります。
    健康な方であれば、全部を身体の上に乗せてTL検査しても全く反応は起きません。たとえば、身体がとても疲れていたりすると、コーヒーは2本くらいしか乗りません。1本しか乗らない場合は、相当重症で、しっかり状態をあげて治療していかない限り、不妊治療としてはなかなか良い結果がでなかったり、アトピーの方は相当かゆみが進んでいることを意味しています。
    副腎皮質ホルモンが機能低下を起こしていると、自分の力でステロイドを作れないということを意味しており、これが身体のかゆみを起こしたり、女性の場合、卵巣のエストロゲンにも直接かかわっていきますので、不妊の原因や不調にもなってきてしまうのです。

    不妊治療の場合、副腎機能を正常なところまでもっていき、身体全体の状態を上げていったほうが圧倒的に良い結果がでているのです。
  5. ⑤ そして、実際に痛めている箇所の治療はもちろんしていきます。
  6. 長年にわたって悩んできたり、苦しんでこられた場合、治療後、その症状に対しての「脳の残像」を外します。その方自身がその症状で悩んできた自律神経の命令を一度リセットしてあげることで命令が止まり、その後の症状の改善が圧倒的に早く治る場合があるからです。

    まず今ある症状の改善を目指していき、その後はときどき身体のケアをしていけますよう一緒に頑張っていきましょう!!