『カイロプラクティックさかい』は、滋賀県守山市(栗東駅東口より徒歩約7分)にあるJSC指定院です。

JSC指定院カイロプラクティックさかい

TOP > News > 『カイロの真髄』

カイロプラクティックさかいニュース

『カイロの真髄』

 おかげさまで『カイロプラクティックさかい』は、開院17年を迎え、1日平均60人、多いときは80人以上、年間延12000人の患者様が来院する全国でもトップクラスと認められるほど、安心、信頼していただけるカイロの治療院へと成長してきました。

当院の特徴は、県外からの患者様が非常に多いことです。遠方からのご来院の場合、近くのホテルに宿泊してもらい、症状の改善に向け集中して治療を行い効果を出していく方法をとっております。

 これまでに多くの患者様を診させていただいてきたそのなかで非常に印象深い方のお一人にトヨタ自動車社長の豊田章男様がおられます。私が注目したのは、その『お人柄』でした。印象はとても気さくなお方で、ご自身の術後の腰のヘルニアの治療とメンテナンスを兼ねて約5年間アシスタントをさせていただき、これは後の私にとって大変貴重な経験で自信ともなりました。

 また最近では総合病院の先生もご自身の身体のケアと治療のために、たくさん来院されております。ある方は首に4か所のヘルニアがあり、すでに手術しているのですが、術後も治りが悪く、当院で治療してからぐっすりと眠れるようになり、いつも病院の出勤前に治療してからいくと調子がよい!とおっしゃって喜んでくださっております。

また、当院にはカイロの範疇を超えた奇跡を求めて、【最後の砦】として来院される方も非常に多いように思います。茨城県から来院され滋賀県に約1カ月滞在し集中して治療した60代前半の女性の患者様がおられました。国立病院では、婦人科系の疾患で3か所に腫瘍があり、当院に来院されました。当院で医学的な観点から大切な説明をまずしっかり行い、言葉では説明しづらいのですが、とにかく【必要な治療】を1カ月間集中して行い、その間乳製品は徹底して控えてもらい、2カ月後に再び国立病院でMRIを撮ったところ、なんと、すべての腫瘍が消えていた!という報告を受けました。今は、経過観察になって大変喜ばれております。こうした『最期の最後まで酒井先生に診てもらいたい!』と来院される患者様もお見えになられます。実はこの患者様の場合、日常的なストレスが相当ありましたので、【心の痛みの解放】を治療のなかで同時に行っていきました。

このように心と身体はリンクしているところがあり、最後はネックになっていた部分の【心の開放】を行うことにより、それまでの症状が劇的に良い方向に向かっていく場合もあるのです。私は【身体の医学】と【心の医学】の両方とも非常に大切であり、これから少しでも多くの患者様のお役に立っていけますよう【挑戦】していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。