『カイロプラクティックさかい』は、滋賀県守山市(栗東駅東口より徒歩約7分)にあるJSC指定院です。

JSC指定院カイロプラクティックさかい

TOP > 症例 > 顎関節症の治療と対策

顎関節症の治療と対策

― 【クラニアルテクニック(頭蓋骨全体の調整)】が非常に大事 ―

【クラニアルテクニックの治療】

顎関節症とは、①顎が痛い、②口が開きにくい(指が縦に2本入らない)、③口を開けるときに音がするなどの症状で始まります。
原因は、①姿勢(頬つえをついてテレビをみたり、本を読んだりする)、②無意識に歯を食いしばってがんばっているストレス、③歯ぎしり、④歯医者さんの治療時に長い間開口している姿勢、⑤相撲の立ち会いなど瞬発力のいるスポーツ、⑥睡眠不足等さまざまなことが考えられます。
程度にもよりますが、一般的に口腔外科に行って、治療としては、夜寝るときにマウスピースなどをして寝るなどの方法をとっております。
当院のカイロ治療の場合、本当に程度の軽いものは、【クラニアルテクニック】の治療を行い、後頭部、首、肩周りの筋肉をゆるめ、リンパ等の流れをよくしてあげるだけで数回の治療で治ってしまうものもよくあります。
そして、顎関節症の基本の治療は、顎だけみていてもダメで、クラニアルテクニックを用いて、顎関節を構成している後頭骨、側頭骨、こめかみの蝶形骨(ちょうけいこつ)等の律動の動き(頭蓋骨は呼吸とは別に律動という動きで微妙に動いております)をカイロ治療により調整していき、最後に、下顎と上顎の関節軟骨である「関節円板」のスライドの動きをよくしていくことにより、根本的に改善していくことが出来ます。

程度の重いものの場合、安定させていくまでにやはり少し時間がかかります。
しかし、しっかり頭蓋骨を中心に、顎関節の治療をしていくことにより、かなり改善されることも期待できます。

もしも顎関節症の兆候が見られ始めたら、出来れば早めに当院にてカイロ治療をして、症状の軽いうちに軽減させていくことが大事です。忘れてならないことは、日ごろの睡眠不足やストレスです。出来れば、いつもより1時間でも就寝時間を増やしたり、お休みの日には、リラックスすることなどでも防いでいくことは出来ますので、是非心掛けてまいりましょう。