『カイロプラクティックさかい』は、滋賀県守山市(栗東駅東口より徒歩約7分)にあるJSC指定院です。

JSC指定院カイロプラクティックさかい

当院の治療動画

TOP > カイロプラクティックさかいのスタッフ紹介

カイロプラクティックさかいのスタッフ紹介

森高(もりたか)

森高

『人生を輝かせて!』

 「カイロプラクティックさかい」でお世話になり三年が過ぎました。最初に治療院を訪れた日、温かい笑顔で迎えてくださったその雰囲気に心がほっと落ち着き、ここで働かせて頂きたい!という気持ちが強くこみ上げたのを今でもはっきり覚えています。ご縁があり、今こうしてスタッフの一員にならせて頂くことができ、幸せとともに感謝の気持ちでいっぱいです。
この三年間、院長から、医療の従事者という立場だけではなく、人として大切なことをたくさん学び心の目を開かせて頂きました。

院長は治療を終えた最後に、よくこの言葉を患者様に掛けられます。
「大丈夫です。良い方向に向かっています。必ず良くなりますから、一緒に頑張っていきましょう。」患者様だけに頑張れと言われるのではなく、その痛みや辛さ、そこから生じる不安と闘っていらっしゃる患者様に、私と一緒に頑張っていきましょうと言葉を投げかけられるのです。そして、この言葉を聞かれた患者様は、ほっと安堵した表情をされるのです。
院長のカイロプラクターとしての施術力が素晴らしいのはもちろんですが、いつも変わらない穏やかな口調で、自身に寄り添ってかけてくださるこの言葉を聞きに治療に来られている患者様もたくさんいらっしゃると私は感じています。院長は常々、「患者様自身が治そうという気持ちを持たれなくては治るものも治らない。だから患者様の心と常に向き合い、気持ちをくみ取っていかなくてはいけない。」と言われます。まさに、病を診ずして人を診る、この考えの大切さを教えてもらっていると私は思っています。
人を診るというのは容易なことではありません。患者様の病状や症状、抱えておられるストレス、生活されている環境や条件はそれぞれ違うからです。
だからこそ、視野をもっと広くもつことが大切だと指導してくださるのです。これは患者様に対してだけ言えることではありません。

仕事をしていくうえでの自分、家族と向き合っていくうえでの自分、社会と関わっていくうえでの自分、全てにおいて今の私に良い影響を与えてくれていると思います。仕事のうえではまだまだ未熟で、日々勉強を重ねている私ですが、患者様のお迎えからお見送りまで笑顔を絶やさず、そして、どんな時も患者様の心を見つめて会話する、これだけは大切にしていきたいと思います。ある患者様から、「ここに来るのが今の私の一番の楽しみです。」という言葉を頂きました。痛みや辛さ、ストレスから、笑うことを忘れ表情が固くなってしまわれた患者様が、少しずつ笑顔を取り戻し心を開いてくださった時は本当に嬉しく、この仕事に携わらせてもらえたことに感謝の気持ちでいっぱいになります。たくさんの薬を飲むよりも、心から笑ったほうが楽になれる時もあるはずです。これからも初心の心を忘れずに、笑顔で頑張っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

Moritaka's Profile

  • 趣味…音楽鑑賞
  • 特技…洋裁
  • モットー…「人に優しく 自分に厳しく」
  • 好きな言葉…「笑う門には福来る」