『カイロプラクティックさかい』は、滋賀県守山市(栗東駅東口より徒歩約7分)にあるJSC指定院です。

JSC指定院カイロプラクティックさかい

TOP > 治療体験記 > 心のよりどころ

治療体験記 vol.10

『心のよりどころ』

私は、6年前より左顔半分が麻痺をしてしびれてしまう「三叉神経麻痺」で病院ヘ行っても全然治らず、ずっとひとりで悩んでいました。そんなあるとき知人より酒井先生のお話を聞き、すぐに予約をとって行ってみました。

治療院にはいってみると、何とも言えないようなやさしい空気に包まれるような感じがしました。そして、やさしい声で、「こんにちは!」と迎えてくださり、本当に心が休まる思いがしました。そして、丁寧に問診がはじまり、酒井先生が治療してくださいました。酒井先生はいろいろな話を聞いてくださり、そして的確にアドバイスをしてくれました。「なんてやさしい先生なのか」と思い、私の心も体も安心したのか、体がまるで魔法にかかったかのように軽くなり、帰る頃には、今までのつらさが本当にうそのように感じられるくらいに楽になっていました。わたしを紹介してくれた知人も、「本当にからだが魔法にかかったみたいに楽になるよ!」といっていたことを思いだし、このことかと改めて実感しました。感動とはこのことです。先生は「かなりのストレスの影響もあるのではないか」とおっしゃって、顔の左側の噛み合わせ、そして左の側頭筋とコメカミの蝶形骨に力がかかりすぎているといわれ、その結果、三叉神経の支配領域の目の下あたりがシビレているのではないかと言って、治療してくださいました。その甲斐あって、いまではほとんどシビレを忘れるようになり、いままでの痛みは何だったのかと思うくらい本当に楽になりました。

いまでは、月に一度「定期セイビ」を兼ねて、メンテナンスにうかがっています。私は、治療院に行く日をとても楽しみにしています。それは体が楽になることもさることながら、これは酒井先生の配慮だと思うのですが、治療院全体が『癒しの空間』になっていて、季節に合わせて治療院の絵やお花、音楽などがかわり、とても幸せな気分になれるのです。また最近では、恵比木先生のソフトの治療も板に付いてきて、よく笑わしてくれたり、心の和むお話をしてくれたり、受付の方もやさしい笑顔で出迎えてくれて、いろいろ気配りしてくれたりして、本当に心休まる感じがします。私の「心のよりどころ」は、酒井先生のところをおいて他はありません。

最後に、酒井先生、恵比木先生、いつまでも明るく、元気でいてくださいね。その姿に、わたしたちも、「がんばる気持ち!」をいつももらっていますから。これからもどうぞよろしくお願いいたします。