『カイロプラクティックさかい』は、滋賀県守山市(栗東駅東口より徒歩約7分)にあるJSC指定院です。

JSC指定院カイロプラクティックさかい

TOP > 治療体験記 > 更年期トラブルが回復!

治療体験記 vol.14

『更年期トラブルが回復!』

今年の2月より知人の紹介で、酒井先生のところにお世話になっています。きっかけは、知人から「主人が内臓の疲れによって手があがらなくなって、診てもらったら本当によくなった!」という話を聞いたからでした。

54歳で退職、同時に閉経期を迎え、この3年間は今までなったことがない花粉症やアトピー症状に悩まされていました。ステロイド(副腎皮質ホルモンの塗り薬)の薬害情報から、私自身使わないようにと思っていましたが、医者から少しだったらと言われ処方されていたのが、ステロイドだったのです。患者はいろいろな病気で病院に行く可能性があり、ステロイドの量も多くなるという経験を身を持ってした次第です。

例えば、私が夏にクルーザーで2泊3日の琵琶湖一周をした折、太陽アレルギーで突然顔がお月さんのように赤く腫れるムーンフェイスになりました。職場を休めないし早く治したかったので、ステロイドは怖いと思いつつ処方されたステロイドを飲んだら、なんと1日で治ったのです。その後のリバウンドの薬害がこわかったので、漢方専門の診療所に相談治療をお願いして、しばらく何もなく過ごすことができ安心していました。

2年前、スギ花粉がひどかった年、眼科から軽いステロイドを処方され、耳鼻科に鼻の粘膜のことでステロイドを点眼するよう処方され、また、消化器内科ではピロリ菌除去剤が処方というように、私は気がつくと『ステロイド浸け』になっていました。

スギ花粉の塗り薬は、塗ったときは治るのですが、塗り続けると塗る間隔が短くなり、ついにはきかなくなりました。アトピーの本などで覚悟はしていたのですが塗り薬をやめたら、本当にショックでしたが、顔がムーンフェイスになり、外出できない、外出したくないという状態にまでなりました。それに加えて、酒井先生のところに行く前の症状は、肩が詰まったようになり、息をするのもしんどく、冬は冷えがひどく、足が冷たくて靴下を4枚も履く毎日でした。予約がいっぱいで待つこと2ヶ月、はじめての問診で、今までの症状をすべてお話しました。酒井先生の触診と診たてでは、長年の疲れの蓄積と閉経後の女性ホルモン(エストロゲン)の低下によって、副腎や肝臓が疲れているのではないかということで、その治療のポイントのところに先生が手を当てられると、『フワッー』と暖かく、足の先まで暖かくなっていくのがわかりました。

食生活も肉類などの動物性脂肪や乳製品は控えて、なるべく果物や野菜、ワカメなどの植物性の物をたくさん採るようにすること、精製された砂糖は天然の果糖に切り替え、玄米を中心にした和食の食生活に切り換えていくこと、毎日を感謝の気持ちで送ることなど、教えていただき、「眼から鱗」でした。

酒井先生のところにお世話になって、化粧品もシンプルにしましたところ、本当に肌がしっとりとしてきました。趣味の会のお仲間やヨガの先生が「最近お肌がきれいになったね!」と言われると本当に嬉しいですし、今ではエアコンの部屋に入っても過ごせるようになりました。おかげさまで、今まであった症状もかなり回復してきたと実感しております。酒井先生はじめ、スタッフの皆さんには、心から感謝しております。

今後も「カイロプラクティックさかい」に通いながら、食生活を大切に、気持ちを明るく、この幸せを実感しながら毎日を過ごしていきたいと思っています。最後に、この文章がアトピーで悩まれている方や、更年期のトラブルで悩まれている方の励みになればと願っています。